NEWSLETTER

シノプシス


ギターと内に流れる血がひとつになる時、秘めた調べが湧き出て聴くものの肌に触れる。ギターが詩を奏でる瞬間である。


フラメンコシューズの釘はステージで金に変わり、手は触れたもの全てに命を与える。“quejío(嘆き)”の声は涙となり歌声になる。フラメンコの魔力が、聴く者の魂の最も深いところまで入り込んでとどまるような体験。SIENTOは、インスピレーションが湧き出、音楽が生まれ、フラメンコの3つの柱であるギター、カンテ、バイレが融合する感情を巡る旅である。


ソレア、アレグリアス、グラナイーナといった伝統的なパロに加え、作曲者自身が「アレグリアスによるブレリア」と呼ぶ新しい試みをフラメンコにもたらしている。ショーはおよそ1時間20分に及び、途中休憩をはさんだ2部構成となっている。全曲オリジナル曲からなるSIENTOは、最も純粋で挑戦的なフラメンコである。

イメージギャラリー

構成

構成 01
構成 02
構成 03
構成 04
構成 05
構成 06
構成 07
構成 08
Full format
1ª ギター
2ª ギター
パーカッション
カンテ 01
カンテ 02
バイレ
フルート
パームス
ベース
ピアノ

出演アーティスト

ギター:アルベルト・ロペス

カンテ:ベルナルド・ミランダ、インマ“ラ・カルボネラ”

ピアノ:アルフォンソ・アロカ/span>

バイレ:アンヘル・レジェス

パーカッション:ハビエル・ラバダン

ベース:ヘスス・バレロ

フルート:セルヒオ・デ・ロペ

Si continuas utilizando este sitio aceptas el uso de cookies. más información

Los ajustes de cookies de esta web están configurados para "permitir cookies" y así ofrecerte la mejor experiencia de navegación posible. Si sigues utilizando esta web sin cambiar tus ajustes de cookies o haces clic en "Aceptar" estarás dando tu consentimiento a esto.

Cerrar